今年初の雪の蛇谷


12月10日(土曜日)
寒波到来の予報、
予定していた蛇谷ヶ峰へ出掛ける
8時前に家を出て大原から坊村を過ぎて
桑野橋へと走っていると北部の山が近づくにつれて
白くなって行く解っていてもこれ程雪降ったの?と
思いながら雪の気配などかけらも無いバス停手前の
トイレ駐車場に車を置いて土標に導かれながら初めてのコース
をスタートする。
隣りの大阪ナンバー車のメンバー4人も先行された。
a0164011_11453537.jpg

今年お初の雪山に大満足で山頂散歩♪
青空が欲しい・・・!!!

a0164011_1145162.jpg

林道を暫く歩くと進入禁止のクサリがつけられている
林道を10分も歩くと作業車なのかタイヤの跡が
ハッキリする程進むごとに雪の量が増えて来る

a0164011_1144454.jpg

林道途中展望地の土標から国道を挟んで向かい側の
白倉岳、烏帽子岳など雪を冠った山々を眺める
ソロソロ林道と別れる頃だと思いながら行くと
スタートの時のグループが目印も何も無い左斜面に
雪を冠った掘れた登山道らしき山道へ入山されて行く後ろ姿を
見る、初めてのコースだったので先行者が居られなければ
きっとここから入るのは解らなかっただろう!
(下山に解ったが林道最後迄行けば立派な登山口土標があった)

a0164011_1144449.jpg

先行者のトレースを頼りに進むと霧氷が朝の太陽に照らされて
思いがけない奇麗な雪山登山になってしまった

a0164011_11434462.jpg

高度を上げると枝の雪は無くなっているが
足下の雪は深くなって青空も見えて気分は最高♪

a0164011_11431989.jpg

山頂から今津方面と琵琶湖を望むが霞んでクッキリとは見えない


反射板を過ぎると蛇谷ヶ峰が目の前に見てて来た
だんだんと風が強くなって来る
山頂に着くと朝のグループが下山された
雪と戯れながらの何時もの調子のノロノロ歩行で到着
山頂は風が強くなんの木だったか忘れたが
葉を茂らせ雪の花を咲かせてる木の陰で風よけをして
何時ものうどんと卵おじやで身体を温めて360度の
山頂を独り(2人)占めして大展望を楽しんで
グチャグチャになった登山道をズルズルと
ブレーキをかけながらの下山だった。






[PR]
Commented by mossan0 at 2011-12-19 13:24
そこからはお初だったんですか?
汚いものだけ隠してくれて、丁度良い深さの雪みたい・・・
もう少しあると雪の装備も要りますしね・・・
Commented by いきっこ at 2011-12-19 21:20 x
もっさん こんばんは。
舞鶴の方は毎日雪模様のようですね
私と違って雪との付合いかたは十分ご存知でしょうから
お気を付けて適当にお付合い下さいまし。

はい 朽木生きものふれあいの里からのカツラ谷、スンゴ谷、
思い出の森やスキー場と畑からの須川峠のコースは
消化してたけど桑野橋からのコースが残っていました。
適度な雪道で助かりました
Commented by MORI at 2011-12-21 11:11 x
いきっこさん、こんにちは。
最近のご活躍の場は此方だったのですね。
お教え頂きありがとうございます。
HPを覗いていたのですが、更新されていないので如何したのか
心配していましたが(本当ですよ)、これで一安心です。
これからもお互い「元気が一番」で山歩きを楽しみたいですね。
時折立ち寄らさせて頂きますので、よろしくお願いします。
Commented by いきっこ at 2011-12-22 21:49 x
MORIさん こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
ご心配かけてすみません。

たいした山歩きもして無いので
ホームページの方で記録をと思うと
体調が悪いと追い立てられてるような気がして
せわしく感じて・・・!!!
こちらでのんびりと細々と
忘れない程度に書き留めておこうと
ホームページにリンクしないぶろぐを作りました。

空元気かも知れませんが体力と相談しながら
山歩きしたいと思ってます
こちらこそ宜しくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ikikko104 | 2011-12-19 12:42 | 山と花 | Comments(4)

お花の写真や山歩と日々の出来事など気まぐれに綴ってます by ikikko104


by ikikko104
プロフィールを見る
画像一覧